ジョイントマットを選ぶなら大判がおすすめ

   

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちをするようになると、目が離せなくなります。まだしっかり立てないうちは転びやすいので、床にクッション性のあるものを敷いて怪我をするのを防ぎたいです。また、少し成長してしっかり歩くようになったり走ったりができるようになると行動範囲も広がり、色々なものに好奇心旺盛になります。家の中で思いっきり遊ばせてあげたいと思っても、集合住宅では階下への配慮も気になります。そんな親御さんの悩みを解決できるのがジョイントマットです。コルクやスポンジ、EVA素材などでできており、部屋のサイズに合わせて自由に大きさを組み替えることが可能です。さまざまな種類が売られていますので、これから購入しようと考えている方に向けての選び方をお伝えします。

お子さんがいる家庭にはおすすめ

大人だけの生活であれば、フローリングの床そのままで生活しても良いのですが、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭ですと、床に物を落として傷がついたり、お子さんが転んでけがをする可能性があります。床に何かを敷いておけば、転んだ時の衝撃も小さくなります。絨毯やラグでも良いのですが、絨毯やラグは大きいため、汚れた時に洗うのが大変です。中には洗濯不可なものもあるため、汚れてしまったら買い替えるより他にない場合もあります。それに対して、ジョイントマットの良いところは、汚れたところだけを外して水洗いができる点です。素材もコルクやEVAなどで作られているので、転んだ時にクッション代わりになって痛くありません。1枚敷くことで衝撃吸収の他、防音効果も高まります。

購入するなら大判サイズがおすすめ

ジョイントマットにはさまざまなサイズやデザインのものがあります。大きさでいうと、小さめのものから大判のものまであります。デザインは、無地のものやツートンカラーのもの、木目調のもの、カラフルなものまで色々あるので、お好みに合わせて選べます。サイズですが、通常のものは30cm四方で大判のものは60cm四方になります。汚したり掃除をする時に外して洗った後にまた組み立てますが、きちんとはめるのは意外と大変です。通常の大きさだと数も多くなるため、大判を選んでおけば、はめる手間も少なくて済みます。デザインは好みによりますが、インテリアとしても利用していきたいと考えるなら、他の家具との色合いの調和がとりやすい配色になっているものを選んでおくと良いでしょう。